まつげ美容液の効果とは

長いまつげ、とても憧れます。


日本人のまつげの平均的な長さは6.8mmだと言われています。

中には長くて量の多いバサバサまつげの人もいますが、一般的には決して長いとは言えない長さである場合が多いのではないでしょうか。


いくらマスカラを重ね付けしても、いくら優れたつけまつげを付けても、本物のまつげが演出するナチュラルビューティは手に入りません。最近では、自まつげをより質の良いものにするため、とても良いアイテムが出ており人気が高まっています。それは「まつげ美容液」です。

既にマストアイテムとして常用している人も多いと思います。


まつげも、髪と同様に集中的にケアをする必要があります。

まつげ美容液は、マスカラやクレンジングなどの使用で傷んでしまったまつげを修復したり、ハリやツヤ、コシを生み出します。

まつげが短い、少ない、細い、部分的に抜けているなどといった悩みを解消できるまつげ美容液もあります。美しいまつげを作るための成分には、代表的なもので、オタネニンジン根エキスやセンブリエキス、ヒアルロン酸やコラーゲン、パンテノールなどがあります。

少量だけを使う、たまに使うといった使い方では、効果はほとんど期待できません。

まつげの生え際は、すぐに「眼球」や「まぶたの裏側へ続く粘膜」に触れる部分です。


塗り方や塗布する部分の形状によっては、うまく塗れなかったり、しみることもあります。


たっぷりと塗布するとより効果が出やすいようですが、なるべく目に入らないよう注意しましょう。
日々のメイクで使用しているマスカラやビューラー、そしてまつげエクステなどは、まつげに多くの負担をかけています。頭髪をケアするトリートメントする感覚で、まつげ美容液を使えば、まつげの育毛をすることができます。
きちんと手入れをして、つややかな毛をプロデュースすることができれば、まつげの切れ毛や抜け毛を防ぐことができ、化粧ノリもさらに良くなること請け合いです。


艶のあるふさふさとしたまつげがあれば、ノーメイクにも自信が持てるはずです。

即効性を期待しすぎず、毎日コツコツとお手入れすることが肝心です。
効果が実感できるまでに数カ月かかることもあるので、気長に取り組むのが賢明です。まつげ美容液は、アイライナーを引く感じで毛根に栄養分を浸透させる筆状のものか、マスカラのようにまつげ全体になじませるブラシ状のものが一般的で、いずれも使い方はとても簡単です。

基本的には、メイクや汚れをきちんと取り除いた洗顔後に使用します。
さらに寝ている間に成分が浸透しやすいので、就寝前には特に入念に塗るといいでしょう。


液が目に入らないように注意が必要です。
主な有効成分は、血行促進を促すビタミンE、保湿作用と血行促進効果がある昆布エキス、化粧水などにも含まれるヒアルロン酸などが挙げられます。
皮膚が薄く肌が繊細な部分に塗布するものなので、まつげ美容液の新鮮さを保つために、一度開封したらなるべく早く使い切るように心掛けるといいでしょう。

















関連リンク

まつげ美容液の効果を高める食べ物

まつげ美容液は、傷んだまつげの保湿や保護をするとともに、まつげの成長に必要な栄養を外側から補給することでツヤのある長いまつげをつくるサポートをするまつげ用の美容液ですが、その効果を高めるには、まつげの成長をスムーズにする栄養素を毎日の食事でしっかりと摂取して内側からケアするのが効果的です。たとえば、まつげは髪の毛と同様にケラチンというたんぱく質でつくられているので、まつげ美容液を利用している方は、このケラチンの材料となるアミノ酸を効率よく摂取することをお勧めします。...

more

まつげ美容液を使ってまつげを健康に

最近のメイクでは、ビューラーでまつげをあげ、マスカラでボリュームや長さを出して目を大きく魅力的に見せることがほとんどです。つけまつげではボリュームが出過ぎてしまったり自分の目の大きさに合わなかったり、また、まつげサロンに行くと出費も大きいので自分でケアしたいと思っている人は多いのではないのでしょうか。...

more
top